TOP > よくある質問
よくある質問
購入を検討している食品容器のメーカーから、ポリ衛協の確認証明書の写しをもらったのですが、これがあればポリ衛協がこの容器の安全を保証してくれるということですか?
製品の品質保証はあくまでメーカー責任です。ポリ衛協の確認証明書は、対象製品の確認登録申請内容についての、自主基準への適合性を証明するものです。 万一、実際の製造管理が確認登録申請内容と一致していない場合があると、確認証明書が交付されていても安全ではない可能性があります。品質に関わる詳細情報につきましてはメーカーにお問い合わせください。
ポリ衛協の最新版のポジティブリスト(PL)内容を閲覧したいのですが、できますか?
ポリ衛協のポジティブリスト(PL)は、会員間で閲覧しています。ご覧になるためには、入会する必要があります。
ポリ衛協のポジティブリスト(PL)に載っていない製品は販売してはいけないのでしょうか?
ポジティブリスト(PL)は物質を収載しているリストです。個別製品については確認登録申請内容が自主基準に適合していることが認められた場合、確認証明書を発行しています。 また、ポリ衛協の活動は自主規制であり、法的拘束力はありません。食品衛生法を遵守していれば、PLに載っていない物質も確認証明書がない製品も合法的に販売できます。
確認証明書に表示されているA、B、Cは何を意味するのでしょうか?
確認証明書交付申請には以下説明するA申請、B申請、C申請があり、審査において合格と認めたときに、A申請にはA確認証明書、B申請にはB確認証明書、C申請にはC確認証明書を交付しています。

[A申請]
[容器包装等]及び[その原材料(合成樹脂)]が、自主基準に適合していることの確認証明書の交付を申請する場合をA申請という。

[B申請]
[原材料(添加剤及び着色剤)]が、自主基準のうちポジティブリストに適合していることの証明書の交付を申請する場合をB申請という。

[C申請]
A申請に基づき確認証明書の交付を受けた容器包装等及びその原材料を用いて、新たな添加剤を加えていない[容器包装等]が、自主基準に適合していることの証明書の交付を申請する場合をC申請という。
親会社である海外の〇〇〇〇〇メーカーの日本法人です。親会社が入会を希望しているのですが、
入会できますか?また、申請手続き等について教えてください。
海外からの入会ご希望会社の入会申請につきましては、国内に連絡窓口(企業)を設定していただきます。
ポリ衛協とのコミュニケーションは連絡窓口を通して行っていただきます。まずは、連絡窓口の方に入会説明会(月1回開催)にご参加いただけますようお願いいたします。入会説明会では、ポリ衛協の趣旨、活動内容、会員の権利、責任、入会手続きの具体的な内容他につきまして、ご説明いたします。
購入した食品容器を電子レンジで加熱したら、異臭がしたのでメーカーに問い合わせたところ、ポリ衛協の確認証明書を取得しているので製品に問題はないと言われました。確認証明書があるにもかかわらず、製品に不具合が生じることが起こりうるのでしょうか?
起こる可能性があります。ポリ衛協の確認証明書は製品の安全を保証するものではありません。
確認証明書は確認登録申請内容を書面審査し、自主基準に適合していることが確認されたときに交付しています。
ポリ衛協の確認証明書は対象製品の確認登録申請内容についての自主基準への適合性を証明しています。万一、実際の製造管理が確認登録申請内容と一致していない場合があると、確認証明書が交付されていても安全ではない可能性があります。
ご質問いただいた件ではメーカーからの回答自体に誤りがあります。当協議会としても会員企業及び、その製品の利用者に対して正しい認識と理解の啓蒙を促してまいります。
〇〇〇〇〇用途に安全な容器を入手したいのですが、信頼性の高いメーカーを紹介してもらえませんか?
申し訳ございませんが、ポリ衛協では特定企業の製品を推薦することはしておりません。
なお、会員企業のリストを掲載しておりますのでご参考になさってください。
当社の製品をポジティブリスト(PL)に登録したいのですが、どのように進めたらよろしいですか?
ポジティブリスト(PL)は物質を収載するリストです。各企業の製品の登録申請は確認登録申請といいます。
確認登録申請を行うためには、まず、入会される必要があります。
当社は商社なのですがポリ衛協に入会し、確認証明書申請することは可能でしょうか?
ポリ衛協に入会することは可能です。
ただし、会員は取り扱い製品(ポリ衛協対象製品)の品質を販売先に対して適切に保証する義務と責任を負います。
したがって、貴社の取り扱い製品の品質管理を貴社がコントロールできる体制(貴社と製造メーカーとの関係)になっていれば申請は可能です。