ポリオレフィン等衛生協議会

こんなに広いプラスチックの世界

プラスチックって何だろう プラスチックの知識 プラスチックができるまで ここにもプラスチックが

プラスチックができるまで

プラスチックの原料は石油です。でも、石油からすぐにプラスチックはできません。何段階もの化学反応の過程を経て製品に加工されます。
 こうした製品は1つの会社で作られるのではなく、プラスチックの原料であるポリマーはポリマーのメーカー(樹脂メーカーとも言います)、添加剤は添加剤のメーカーが作り、加工メーカーが製品にするのです。
 その製品がお店で売られる食品の容器であれば、さらに食品メーカーで容器に食品を詰める作業(充填と言います)がおこなわれ、それから初めて私たちの目に触れることになります。ではどのようにしてプラスチックが作られるのでしょうか


(1)原料
プラスチックの原料である原油や天然ガスは、ほとんどがアラビア半島やインドネシアなどの産油国から、タンカーで運ばれます。
原油や天然ガスは石油精製工場で蒸溜され、沸点の差によっていくつかの成分に分けられます。このうちプラスチックを作る材料として必要な成分(ナフサなど)がパイプラインやタンカーで石油化学工場に送られ、エチレン、プロピレンなどのモノマーに分解されます。

(2)ポリマー

樹脂メーカーは分解されたモノマーを化学反応させて、同じモノマー同士、またはほかの種類のモノマーを 結び付け(重合と言います)、ポリエチレンや ポリプロピレンなどのポリマーを作ります。必要に応じ、これに添加剤を加え米粒状のペレットにして加工メーカーに出荷します。


(3)添加剤

添加剤には、安定剤(熱や光によるプラスチックの酸化、劣化を防ぐもの)、界面活性剤、滑剤など、プラスチックの性能を高めるもの、 加工しやすくするもの、色をつけるものなどがあり、それぞれ必要に応じ、樹脂メーカーや加工メーカーで使われます。


(4)成形加工

 成形加工は専門の加工メーカー、場合によっては食品メーカーの工場でおこなわれます。成形機械でペレットを加熱していったん液状にした後、いろいろな形に仕上げて製品化します。
 プラスチック製品は形も機能も多く、加工法もいろいろです。代表的な成形加工法としては次のようなものがあります。

射出成形 溶かした樹脂の原料を注射器で注射するように、押出機から金型の中に射出、充填して成形する方法です。小さなものから大型の製品まで、同じ形状の製品を大量に製造するのに適しています。
押出成形 溶かした樹脂の原料をひき肉機のように注入口からシリンダーに入れ、スクリューと 呼ばれるネジを回しながら押出機の前の口金から押し出します。この口金の形で、フィルム、シート、パイプ、チューブになったりします。
押出ラミネート
成形
溶かした樹脂の原料が押出機の前の口金から薄い膜になって出るとき、別の基材と呼 ばれるフィルム、紙、アルミなどと接着すると同時に固化します。ちょうど基材に薄い膜がコーティングされた状態になり、熱で接着ができる性質を利用して、多くの食品包装用に使われます。
インフレーション
加工
溶かした樹脂の原料が、押出機からチューブ状の口金を通るまだやわらかいうちに、口金の中央から、ちょうど風船のように空気を吹き出して薄くふくらんだフィルムを作って巻き取ります。ポリ袋やラップフィルムなどになります。
中空成形
(ブロー成形)
押し出されたばかりの、まだ軟らかいチューブを金型でとじて挟み、中に空気を吹き込んで金型を開いて取り出します。ペットボトルなどがこの成形法です。
二次加工の
いろいろ
押出成形やインフレーション加工で作られたフィルムやシートを容器の形にしたり、袋にして印刷加工をする工程を二次加工といいます。
二次加工には、卵パック、トレー、豆腐容器などを作る真空成形のほか、圧空成形、印刷製袋加工などがあります。


(5)食品充填

 完成した容器、包装材は、食品メーカーに送られて食品がつめられます。食品を充填している生産ラインが見学できる食品メーカーもあります。 また、各地の漁業組合、農協に送られて生鮮食品の包装、輸送に使われます。


(6)販売

 容器に充填された食品は、そのままスーパーなどの店頭に。スーパーや食料品店でパックされることもあります。器具などはそのまま消費者に渡ります。

Copyright(c) Japan Hygienic Olefin And Styrene Plastics Association All Rights Reserved.