ポリオレフィン等衛生協議会

こんなに広いプラスチックの世界

プラスチックって何だろう プラスチックの知識 プラスチックができるまで ここにもプラスチックが

ここにもプラスチックが


  私たちの身の回りのあらゆるところで、また、目に触れない産業部門で、いろいろなプラスチックがその特徴を生かして、有効に、有益に使われています。
 何気なく存在するプラスチックたち。あらためて見直してみましょう。

●項目をお選びください。
  (1)農業、水産業とプラスチック
  (2)自動車・航空機とプラスチック
  (3)電気、電気機器とプラスチック
  (4)電子レンジとプラスチック
  (5)食品用容器・包装とプラスチック
  (6)家庭、台所用品とプラスチック
  (7)医療とプラスチック
  (8)情報社会とプラスチック
  (9)スポーツ用品とプラスチック
  (10)文具、おもちゃ、楽器類とプラスチック
  (11)その他

(1)農業、水産業とプラスチック

 生鮮食品の安定供給は消費者にとって必要不可欠です。
 農業用ビニールハウスは、気温や太陽光線をコントロールし、作物の成長を促進して います。収穫された農産物は、汚れや鮮度を保持するため、ポリエチレンなどで包装 され、消費地へ送られます。
 家庭園芸用の植木鉢、プランター、などには再生プラスチックも使われています。

 水産業では、魚網を始め漁具のほとんどが耐久性にすぐれたプラスチックに変わり ました。 魚網は強く、細く、透明なナイロンなど、魚の種類 、漁法によって、いろ いろな合成繊維が使われています。ロープ、浮子、人工漁礁などをはじめ、漁船も 腐らず スピードの出るFRP(ガラス繊維強化ポリエステル)になりました。
 水揚げされた水産物は、加工されてポリエチレンなどで包装され、また、鮮魚は断 熱性にすぐれた発泡ポリスチレンの魚箱で輸送されます。発泡ポリスチレンの保冷 箱で、冷凍や冷蔵のまま送られる、産地直送の宅配便もすっかりおなじみになりました。

このページのトップへ

(2)自動車・航空機とプラスチック

 割れても飛び散らないフロントガラスは、2枚のガラスの間に、プラスチックの膜が入っています。衝突時のエネルギーを吸収するバンパー、ボディーの断熱材、シートのクッションなど、年々内装部品を中心に、1台当たりのプラスチック使用量が増加し、現在では自動車部品の7%がプラスチックになっています。
 プラスチックの使用は、自動車を軽くし、燃費の節約に役立っています。 航空機にも、割れない窓ガラス、機体にも軽くて強靭な強化プラスチックがいろいろなところに使われています。

このページのトップへ

(3)電気、電気機器とプラスチック

 電気は、ポリエチレンで被膜された電線(電力ケーブル)によって、発電所から送られます。
 プラスチックは軽く、強く、電気絶縁性に優れ、成形加工がしやすく、大量生産が可能で、テレビ、ビデオ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機等々、家庭用電化製品のボディーから内部まで、いろいろなところに使用されています。安価な電化製品の普及は私たちの生活を便利にし、うるおいとゆとりをもたらしました。

このページのトップへ

(4)電子レンジとプラスチック

 デパート、スーパー、コンビニなどの、電子レンジで温めればすぐ食べられるお総菜や、持ち帰り弁当を利用する人が増えています。家庭から離れた単身所帯や、調理しない人々には手軽で便利です。
 これらに使われている容器は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリエチレンテレフタレートなどで作られており、加熱する時使われるラップフィルムは、ポリエチレン、ポリ塩化ビニリデン、ポリ塩化ビニルなどが使われています。

このページのトップへ

(5)食品用容器・包装とプラスチック

 プラスチックは酸、アルカリ、油に強く、気体を通しにくいので、味噌、醤 油、食用油、清涼飲料水、マヨネーズ、ケチャップなど水分を含む食品の容器 に使われます。割れやすい卵、崩れやすい豆腐、扱いの難しい納豆、また、酸素や水分を遮断することで、痛みやすい加工食品の腐敗を抑える包装材など、種類や用途に応じて使われています。

このページのトップへ

(6)家庭、台所用品とプラスチック

 プラスチックはアルカリや酸に強く、腐敗しないので、漬物容器、まな板など に、また、ラップやシール容器は家庭で食品の保存に使われます。
 きれいな色に着色できる プラスチックのお弁当箱、水筒、コップなども人気 があります。特殊なところでは焦げにくいふっ素樹脂加工のフライパンなどもよ く使われています。
 軽くて丈夫なことから、バケツをはじめ、灯油かんなどの日用品、このほか 本体の何十倍もの水分を吸収する吸水性樹脂は、使い捨てオムツに、また、砂 漠の緑化などにも役立っています。
 詳しくは 日本プラスチック日用品工業組合へ TEL 03-3561-8778

このページのトップへ

(7)医療とプラスチック

 プラスチックは生体への適応性と衛生性から、医療の分野にも広く使われてい ます。
 コンタクトレンズや、メタクリル樹脂を歯に塗る虫歯予防のシーラント。傷口 にくっつかない合成繊維製ガーゼ、手術後の抜糸を不要にした人体に吸収される(ポリグリコール酸)糸、瞬間的に生体を接着するシアノアクリレート系接着剤な ど。
 また、院内感染をなくした一回限り使用の輸液、輸血、注射セット、このほか 人工腎臓、人工心臓、義肢などがあるほか、新たに開発中のものもたくさんあり ます。
 詳しくは 日本医療用器材工業会へ TEL 03-5212-3721

このページのトップへ

(8)情報社会とプラスチック

 電気 絶縁性に優れたプラスチックの利用で、パソコン、プリンタ、電話、FAX、携帯電話、などあらゆる情報機器が小型化され、普及しています。 コンピュータの情報を記憶させるフロッピーディスク、MO、CD-ROM等もポリカーボネートなどのプラスチックです。
 これらはエンジニアリングプラスチックス(エンプラ)と呼ばれ、機械的機能に優れ、精密機器の本体、部品等、特殊な分野に使われています。
 このほか、プラスチックをコートした特殊な紙の静電気や放電現象を利用して、毎秒7000字もの印刷をする高速プリンタなど、また、音響製品その他の分野では、CD、MD,ビデオテープ、カセットテープ、カセットケース、真や映画のフィルム、などがあります。

このページのトップへ

(9)スポーツ用品とプラスチック

 スポーツ用品の多くがプラスチックです。スポーツシューズのほとんどが合成繊維、 合成皮革、合成ゴムであり、テニスのラケット、ガット、折れないスキー板、野球のヘルメット、ゴルフのクラブ、などなど。

このページのトップへ

(10)文具、おもちゃ、楽器類とプラスチック

 プラスチックは成形しやすく、きれいな色がつけられますので、プラモデル、ブロ ック、人形など、おもちゃにも広く使われています。
 文具としては下敷き、定規、ボールペン、書類ホルダー、消しゴム、など。楽器 類としては、学童のリコーダ、キーボードなどがあります。       おもちゃについては(社)日本玩具協会へ TEL 03-3829-2513   

このページのトップへ

(11)その他

 塗料はプラスチックと顔料を溶剤に溶かしたものがほとんどです。塗布して乾燥 するとプラスチックの膜ができます。
 接着剤の大部分もプラスチックの仲間です。5センチ四方の板2枚をエポキシ樹 脂で接着すると、自動車をぶら下げることもできる瞬間強力接着剤もあります。
 ビス止めに代わって機械部品の組み立てに用いられているシアノアクリレート 系の接着剤もあります。

塗料については(社)日本塗料工業協会へ TEL 03-3478-3451
接着剤については日本接着剤工業会へ TEL 03-3291-3303

Copyright(c) Japan Hygienic Olefin And Styrene Plastics Association All Rights Reserved.